乾燥肌の原因

乾燥肌の原因

 

肌が乾燥してメイクがのりが悪くなってしまったり、風や水にあたると赤くなってひりひりしたり、乾燥肌になると肌が敏感になってしまいます。

 

乾燥肌の原因は、肌の内部に水分を保てないことにありますが、肌バリアが大きく関係しています。

 

通常肌は、角質層によって内部の水分を保つことができているのですが、洗顔のしすぎや肌荒れでなどで乾燥が進むと角質層が薄くなり、肌バリアが効果を発揮することができなくなってしまいます。

 

肌バリアが弱くなると、肌内部の水分を保つことが難しくなり、さらに乾燥してしまうという悪循環に陥りがちです。

 

また、空気が乾燥したり、汗をかいたりする季節には、角質層が薄くなりがちで、肌のゆらぎが起きてしまいます。

 

また、生理など女性特有のサイクルでゆらぎがおこり、肌バリアが弱くなってしまっていることもあります。

 

肌バリアを回復させるためには、角質層が薄くならないように、肌をたっぷりと保湿し、うるおいを肌内部に保つことができるように刺激が少なく保湿力の高い化粧水や乳液をしっかりと塗ることが大切です。

 

関連ページ

敏感肌対策
乾燥肌対策のスキンケア。乾燥肌対策は失われてしまった細胞間脂質を補って肌のバリア機能を回復させてあげましょう。敏感肌専用のスキンケアで優しく対策してあげましょう。
乾燥肌の化粧水
乾燥肌の化粧水。乾燥肌の人は、人一倍肌が乾燥してしまうので、保湿力の高い化粧水がおすすめです。また、乾燥で肌が傷んでしまっているので、敏感肌用の化粧水がお勧めです。